後見監督人について

見監督人とは、後見人の業務を監督する人のことです。

家庭裁判所は、必要があると認めるときは被後見人・その親族・成年後見人の申立てか、職権で成年後見監督人を選任することができます。

後見監督人が必要な場合というのは、親族間の利害対立が激しく、 後見人等の事務処理の適否をめぐって紛争の生じるおそれがある場合などです。

後見監督人は、後見人からのの申請だけではなく家庭裁判所から弁護士や司法書士に対して就任要請がされることがあります。

後見監督人が選任された場合、後見人は後見監督人に後見の仕事について報告をしなければなりません。

なお後見監督人は個人だけではなく、法人などの組織もなることができます。


仕事内容

成年後見監督人は、いつでも、 法定後見の事務の報告や財産の目録の提出を求めたり、法定後見の事務や『本人』の財産の状況を調査することができます。

そして家庭裁判所は成年後見監督人の申立てによって、被後見人の財産管理や法定後見の事務について必要な処分(職務の執行の停止など。)を命ずることができます。

後見監督人は、後見人の仕事についておかしな点が会った場合は、家庭裁判所に報告をしなければなりません。


選任されるための必要書類

後見監督人を選任するには、次の書類が必要になります。


・申立書
・収入印紙800円
・予納切手
・申立人、後見人、後見監督人の戸籍謄本
・後見監督人の登記事項証明書
・後見監督人の身分証明書
スポンサードリンク

このページの先頭へ