遺言の検認手続きについて

言の検認とは、 家庭裁判所において遺言書の形式その他の外部的状態を、 調査し確認するための手続きです。

わかりやすく言えば、その遺言は

・本人が書いたものかどうか

・法律の条件を満たしているか

・偽造や改ざんは行われていないか

などを確認するということです。


自筆証書遺言、秘密証書遺言、特別方式遺言で実施される

遺言の検認は、 自筆証書遺言、秘密証書遺言、特別方式遺言で実施されます。

公正証書遺言では実施されません。

公正証書遺言は、 遺言を作成するときに公証人という方が、 すでに法律の条件を満たしていることを確認しているからです。

これに対し自筆証書遺言、秘密証書遺言、特別方式遺言は、 遺言の中身について公的機関で確認されたことがないため、 家庭裁判所が遺言の中身について確認をします。


検認の申し立て方法

遺言書をみつけた遺族は、

・遺言書(未開封のまま)

・遺言検認申立書

・被相続人の戸籍謄本

・相続人全員の戸籍謄本

・自筆証書遺言なら筆跡のわかる証拠書類

などを家庭裁判所に提出して、遺言検認の申し立てを行います。

申し立てる家庭裁判所は、 亡くなった方の最後の住所地にもっとも近い家庭裁判所です。


検認で行われること

家庭裁判所では遺言の中身を確認して、 結果を調書に記載します。

そして遺言書の写しが添付されます。

調書には封筒開封の有無、遺言書の枚数、紙質、大きさ、 字体、加除訂正の有無、筆記用具の種類、印影の有無、形状、 などが具体的に記載されます。

そして相続人全員に対し、遺言の検認手続きが行われることを通知します。

スポンサードリンク

このページの先頭へ