携帯電話の相続について

帯電話の相続では、解約することもできるし、名義変更することもできます。

携帯電話の所有者が死亡した場合、相続人はその携帯電話を死亡するか解約するかを決めます。

そして携帯電話の所有者が死亡したことと、解約するか名義変更するかを携帯電話会社に連絡します。

手続きはお近くの携帯電話ショップでできます。


必要書類

携帯電話を相続するときは、次のような書類が必要になります。

  • 相続による解約または名義書き換え依頼書
  • 死亡がわかる戸籍謄本
  • 相続人の戸籍謄本

他の相続手続きとは異なり、たくさんの戸籍謄本、印鑑証明書、遺産分割協議書等は不要です。


携帯電話の未払い料金も引き継ぐ

携帯電話の料金は、使用した翌月に銀行引き落としかカードによって支払われます。

しかし死亡したことにより銀行口座が凍結されたりカードが使用できなくなったりして、最後の月の携帯電話料金が支払われないことがあります。

このような未払いの携帯電話料金は、相続人が支払い義務を引き継ぎます。

携帯電話会社も相続人を調査して未払い料金を請求してくるときは、未払いによる延滞金を上乗せして請求してきます。

そのため未払いの延滞料金を発生させないためにも、早めに支払っておくことをおすすめします。

スポンサードリンク

このページの先頭へ