軽自動車の相続について

自動車の相続による名義変更では、遺産分割協議などの相続手続きは必要ありません。

軽自動車を相続で名義変更する場合は、個人売買や譲渡のときとまったく同じ方法で名義変更をします。

わかりやすくいえば、軽自動車の相続による名義変更、という手続きは存在しないということです。


名義変更の方法

軽自動車の相続による名義変更には、以下の書類が必要になります。

  • 自動車検査証(車検証)
  • 新所有者の住民票
  • 軽自動車税申告書
  • 自動車検査証記入申請書
  • 認印

自動車検査証(車検証)は、有効期限内のものである必要があります。

住民票は、発行から3か月以内のものが必要です。

軽自動車税申告書と自動車検査証記入申請書は、申請場所に用意してあります。

軽自動車の相続による名義書き換えには、戸籍謄本も遺産分割協議書も印鑑証明書も不要です。

相続人の誰からでも簡単に自分一人の名義に変更することができます。


とても簡単な理由

軽自動車の相続がとても簡単になっている理由は、中古の軽自動車にはそれほどの資産価値がないので、遺産相続で争いになりにくいという理由からです。

軽自動車というのは税金も含めて価格の安さが魅力であるため、相続の手続きも簡略化された扱いとなりました。

最近は軽自動車も技術がとても進歩して、快適で便利な乗り物になっています。

しかし今のところ、軽自動車の相続が簡略化されていることはおおむね歓迎されているようです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ