貸金庫の相続について

金庫の相続でもっとも大事なことは、凍結されてしまうと貸金庫の中身がいっさい引き出せなくなるということです。

貸金庫は、契約者の死亡が確認されると直ちに凍結されてしまい、相続手続きを行わないと開けられなくなってしまいます。

このとき貸金庫の中身が被相続人の持ち物だけならよいのですが、他の家族の貴重品が入っていた場合、その家族の貴重品も引き出せなくなってしまいます。

遺産相続には関係のない家族の貴重品を引き出したいと思っても、凍結されてしまった以上、その場で引き出すことは不可能です。

また貸金庫に遺言書が保管されている場合は、貸金庫の凍結を解除しないと遺言書に従って相続することができません。

そして貸金庫の凍結解除のために遺言書に反する相続手続きを行わなければならないとしたら、遺言の実現が難しくなってしまいます。

そのため貸金庫の中身と相続による凍結は、注意しなければなりません。


貸金庫を凍結させない方法

貸金庫は銀行に契約者の死亡を伝えると、すぐに凍結されてしまいます。

そのため銀行に貸金庫がある場合は、契約者の死亡を伝えずにご家族が貸金庫の中身を引き出してください。

そして被相続人の持ち物と家族の持ち物をきちんと分けてから、相続の話をすすめていきます。

銀行に契約者の死亡を伝えると、貸金庫だけでなくその銀行にある預金口座や関連の証券口座などもすべて凍結されます。

預金口座等は凍結されてもかまわないのですが、貸金庫の家族の持ち物や遺言書などは凍結されてしまうと困ることがとても多いです。

銀行に対して貸金庫だけ凍結しないでほしいと頼んでも、銀行は死亡を知ってしまった以上、貸金庫も銀行口座もただちに凍結します。

銀行が契約者の死亡を知る方法は、家族からの申し出がほとんどです。

そのため相続が発生しそうになったら、銀行に事実を伝える前に貸金庫の中身はすべて引き出すなど、早めに対策をとるようにしましょう。


必要な書類

貸金庫の相続には、以下のような書類が必要となります。

  • 相続による貸金庫名義書き換え依頼書(銀行に備え付け)
  • 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • 被相続人の預金通帳、キャッシュカード
  • 遺産分割協議書(不要な場合もある)

一般的には、銀行預金の相続と同じ書類が必要となります。

スポンサードリンク

このページの先頭へ