海外にいる人の相続の進め方ついて

外に住んでいる場合、相続に使用する印鑑は大使館のサイン証明書を使用します。

日本での相続には、実印と印鑑証明書が必要になります。

ところが印鑑証明書とは、日本に住民登録をしていないと発行してもらえません。

そして日本で住民登録をすると住民税の支払い義務が発生してしまうため、海外赴任者などは日本での住民登録を抹消してしまいます。

そのため日本での印鑑証明書というものが、存在しないのです。

このように印鑑証明書を発行できない方は、その国の日本大使館にて「サイン証明書」というものを発行してもらえます。

サイン証明書は印鑑証明書と全く同じ効力があるため、このサイン証明書を使用すれば相続をすすめることができます。

また海外に住んでいることを証明する書類が必要な場合には、日本大使館にて「在留証明書」を発行してもらえます。

この在留証明書は、日本の住民票の代わりとして使用できます。


海外にいる場合の遺産分割協議

海外にいても、遺産分割協議はできます。

遺産分割協議は一同に集まる必要はなく、電子メール等で話し合いをしても何ら問題ありません。

ただし遺産分割協議書へのサインは直筆で行い、サイン証明書を添付しなければならないので、海外郵便の手間はあります。

また海外在住者の相続手続きを支援する日本の法律事務所も各国にありますので、利用してみるのもひとつの方法です。

スポンサードリンク

このページの先頭へ