株の相続について

の相続とは、被相続人の株券を相続によって名義書き換えすることです。

株券には、上場株式と非上場株式があり、相続の方法が異なります。

また上場株式の場合、電子化されている株券と電子化されてい株券では、必要書類が異なってきます。


上場株式について

上場株式の相続は、銀行預金の相続の方法とよく似ています。

まず被相続人が証券口座を開設している証券会社に、死亡の事実を伝えます。

すると被相続人が所有していた株券の一覧と、相続手続き依頼書を発行してもらえます。

上場株式の相続に必要な書類は、以下のようなものです。

  • 相続による株券名義書き換え依頼書
  • 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • 遺産分割協議書(不要な場合もある)

現在の上場株券はすべて電子化されていますので、株券を相続で受け取る場合には、証券口座を所有している必要があります。

証券口座を所有していない方は、相続の時に証券口座を開設します。

株はいらないのですぐに売却したいといっても、死者名義のまま株を売却することは不可能です。

そのためいったん株を相続によって他の証券口座に移してから、売却することになります。

また電子化されていない株券の相続には、失念救済請求書を提出して、いったん株券を電子化します。

そして株券を電子化してから、株の相続を行うことになります。


非上場株式について

非上場株式の相続には、証券会社は何の関係もありません。

非上場株式の会社には株主名簿が保管されているはずですから、相続人全員で話し合って株主名簿の書き換えを行ってください。

相続人全員の話し合いで合意さえ得られれば、いつでも相続による株主名簿の書き換えはできます。

相続による株主名簿の書き換えについては、遺言執行者でもいない限りは、法律で誰かがチェックするということはありません。

ただし非上場株式であっても、相続税が発生するほどの相続の場合は、税務署が株主名簿をしっかりと確認します。

非上場会社の株主名簿は適当に管理されており、誰が株主かよくわからないような状態の会社はよくあります。

そのため非上場会社の株の相続が発生しようになったら、税務署にきちんと説明できるように株主名簿を整備しておきましょう。

相続によって書き換えられた株主名簿に従って、相続税は課税されます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ