特定遺贈について

定遺贈とは、相続財産のうち特定の財産を示して譲渡することです。

たとえば「○○町の土地をAに遺贈する」「○○銀行の預金をBに遺贈する」というように遺言書に書くことです。

相続財産の特定が明確なので、遺言が執行されやすいのが特徴です。

ただし遺言書の相続財産の記載が明確でないと、遺言が執行されないことがあります。

とくに不動産を特定遺贈する場合は、法務局に記載されている不動産の表示通りに遺言書に記載しておかないと、遺贈の登記ができないことがあります。


特徴について

特定遺贈は、包括遺贈と異なる次のような特徴があります。

特定遺贈は、包括遺贈のように借金は引き継がなくてよい。

・遺産分割協議には参加できない

・特定遺贈の放棄は、家庭裁判所に申述しなくてよく、口頭のみで意思表示できる。

・特定遺贈の放棄に期間の制限はなく、いつでも放棄できる。

・相続人から特定遺贈の承認か放棄か催促されたときは、特定遺贈を承認したとみなされることがある。

・特定遺贈されるはずの相続財産が、相続の開始前までに変化したり消滅したときは、特定遺贈の権利を失う。


長所と短所

長所

・債務については、特に指定がない限り負担する義務が無い。

・相続人が受遺者の場合は、特定遺贈でも不動産取得税がかからない。


短所

・相続人以外が特定遺贈された場合は、受遺者に不動産取得税がかかる。


相続税について

特定遺贈を受けた相続財産に相続税支払い義務が発生する場合は、特定遺贈の受遺者に相続税の支払い義務が発生します。

特定遺贈の受遺者が被相続人の配偶者または一親等の血族でない場合、相続税は2割加算となります。

スポンサードリンク

このページの先頭へ