包括受遺者ついて

括受遺者とは、包括遺贈によって相続財産を受け取る人のことをいいます。

包括受遺者は「相続人と同一の権利義務を有する」とされています。

したがって包括受遺者は、相続人と同じ権利義務に従った行動をしなければなりません。


相続人と同じ権利義務を有するもの

包括受遺者が相続人と同じようにしなければならない権利義務は、以下の通りです。

・遺産分割協議に参加できる

相続財産のうち、借金などのマイナスの相続財産も引き継がなければならない

・包括遺贈を相続放棄する場合、3か月以内に家庭裁判所へ相続放棄の申述をしなければならない

・包括遺贈を限定承認する場合、3か月以内に家庭裁判所へ相続放棄の申述をしなければならない

・包括遺贈の相続財産で遺留分減殺請求を受けたら、請求者に遺留分の侵害分を返還しなければならない


相続人で異なるもの

包括受遺者が相続人と同一の権利義務を有するといっても、相続人とは異なる部分があります。

・包括受遺者については、相続人と異なり代襲相続は発生しません。

相続の開始前に受遺者が死亡したら、包括遺贈は効力を失います。

・包括受遺者は、 相続人と異なり遺留分を有しません。

そのため遺留分減殺請求をすることはできません。

保険金受取人として 「相続人」 という指定がなされている場合でも、 包括受遺者は、 この「相続人」 には含まれません。

法人には相続が観念できないため、相続人とはなり得ませんが、 包括受遺者にはなることはできます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ