包括遺贈とは何かについて

括遺贈とは、財産を特定して受遺者に与えるのではなく、全相続財産の5割や 全相続財産の3分の1といったように、割合で相続財産を譲渡することです。

包括遺贈を受ける人のことを、包括受遺者と言います。

包括受遺者は、相続人ではないが実質的に相続人の地位と類似しているので、民法上「相続人と同一の権利義務を有す」とされています。

この場合、包括受遺者は相続人と同一の権利義務を有することになっていることから、プラスの財産だけでなく、借金があれば借金も引き継ぎます

包括遺贈は、受遺者が被相続人より先に死亡すると遺贈の効力は生じません。

包括遺贈の代襲相続もありませんので、受遺者が被相続人より先に死亡すると遺贈の効力は完全に失われます。


特徴について

包括遺贈には、次のような特徴があります。

  • 受遺者は、相続人と同一の権利義務を有する
  • 被相続人が有した権利義務の一切を承継し、債務も承継する
  • 遺贈を放棄するには、相続を知ってから3ケ月以内に家庭裁判所へ申述しなければならない
  • 遺産分割協議の対象となる
  • 登記をしないと、包括受遺者は第三者に対抗出来ない
  • 法人でも包括受遺者になれる
  • 農地の包括遺贈の場合は知事の許可(農地法3条)は不要とされている

長所と短所について

長所

・受遺者は相続人と同等の立場に立ち、遺産分割協議に参加できる

・受遺者に不動産取得税はかからない


短所

・受遺者は債務についても指示された割合だけ負担する義務がある

・遺留分を侵害した遺贈はトラブルの原因になりやすい

スポンサードリンク

このページの先頭へ