負担付遺贈とは何か

担付遺贈とは、遺贈者が受遺者に対して、財産をあげる見返りに、受遺者に一定の義務を負担してもらう遺贈のことです。

たとえば

  • 住宅ローンの残りを引き受けてくれるなら、家を遺贈する
  • 年老いた母の面倒を見てくれるなら、相続財産を遺贈する
  • 障害を抱えた子供の面倒を見てくれるなら、相続財産を遺贈する

というようなものが負担付遺贈の例としてあります。


負担は譲渡された財産を超えない範囲

負担付遺贈では、受遺者は遺贈の目的の価値を超えない限度においてのみ、負担した義務を履行しなければならないとされています。

つまり、もらう相続財産の価値以上の、義務を負う必要がないということです。

たとえば、年老いた母の面倒を見ることを条件に遺贈で100万円受け取った場合、100万円の範囲内で母の面倒を見ればよいということです。

母の面倒を見る費用が100万円を超えるのなら、100万円を超えた分は面倒を見なくてよいということです。

ということは負担付遺贈を引き受ける段階で、遺贈の範囲内で負担を履行できるかどうか、よく考えたほうがよいということです。


義務を履行しない場合

負担付遺贈によって受遺者が負担した義務を履行しない場合、 相続人は、 相当の期間を定めて履行の催告を行います。

それでも負担付遺贈の履行がない場合は、 その負担付遺贈にかかる遺言の取消しを家庭裁判所に対して請求することができます。


相続税について

負担付遺贈の相続税を計算するときは、相続財産の価格から負担分を差し引いた価格を相続財産として計算します。

わかりやすくいえば、負担付遺贈の負担の分を債務として相続財産から差し引いてよいということです。

負担付遺贈の負担額をどのように評価するかは、個別に検討されることになります。

スポンサードリンク

このページの先頭へ