遺産相続と不動産登記の関係

産相続にとって不動産登記は、とても重要な役割を果たす存在です。

遺産相続とは、亡くなった人の遺産を相続人が受け取ることを言います。

遺産相続で土地や家を受け取るということは、不動産登記によって相続した土地や家を、自分の名義にするということなのです。

そして遺産相続で得た土地や家の不動産登記は、必ずやっておいたほうがよいのです。


遺産相続の不動産登記は、やらなければならない法律上の義務はない

不動産登記には、絶対にやらなければならないという法律上の義務はありません

相続によって受け取った土地や家の名義を変更せずに、亡くなった人のままにしておいてもよいのです。

亡くなった人の名義のまま、その家にずっと住み続けることも可能です。

そのため日本には、明治時代に亡くなった人の名義のままの土地が、たくさん存在しています。

そしてその土地で農業を営んでいたり、新しい家を建てて住んでいる人もたくさんいます。

不動産登記に法律上の義務はなく、昔の名義のままでもずっと使い続けることができるなら、不動産登記にそれほど意味がないように思えます。

相続の不動産登記は戸籍謄本をそろえるなど、それなりに手間ひまのかかるものです。

それでは、なぜあんなに大変な思いをしてまで、不動産登記をするのでしょうか?


不動産登記とは、第三者対抗要件

不動産登記とは、第三者対抗要件と言われています。

第三者対抗要件とは、不動産登記をしていなければその土地を他人に対して「自分の物」と主張できない、ということです。

つまり不動産登記をせずにその土地を自分の物だと言ってみても、別の他人がその土地の不動産登記をしていれば、その土地は別の他人のものなのです。

たとえ別の他人が、何かの間違いで自分が買ったものだからと言って自暴名義の登記をしてしまえば、その土地は永久に他人の物です。

自分が相続で取得した土地であることを間違いないと裁判で主張して認められても、土地は絶対に返してもらえません。

裁判で勝った場合は相手に土地を取られたことによる損害賠償は請求できますが、土地そのものはかえってこないのです。

一般の方から見れば何とも不思議な法律ですが、不動産登記法では「登記を先にしたものが強い」とされているのです。


相続登記は、やっておいたほうがよい

遺産相続で不動産登記をしなくても、法律違反にはなりません。

しかし遺産相続で不動産登記をやっておかないと、何か問題が起きた時に自分の物だと主張することができなくなります。

また古くなった土地や家を売ったり手放したりするときは、不動産の名義が生きている人間の名義になっていなければなりません。

相続した不動産をあまりに昔の人の名義のままで他っておくと、不動産を処分しようと思っても身動きが取れなくなることもあります。

不動産を処分したくても身動きが取れないでいると、固定資産税の支払い義務ばかりかかってしまい、困ってしまうこともあります。

そのため不動産登記は、やっておいたほうがよいです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ