遺留分割合と計算方法について

留分割合と計算方法は、すべて法律で決められています。

遺留分割合は、法定相続分の2分の1です。

遺言で相続財産が1円ももらえないとしても、法定相続分の2分の1までは遺留分として取り返すことができます。

兄弟姉妹に法定相続分がある場合、兄弟姉妹に遺留分権利は認められていませんから、遺留分は存在しません。

また遺留分を計算するときの相続財産は、遺言書に記載されている相続財産だけではありません。

遺言書に記載されていない、すべての相続財産から法定相続分と遺留分を計算します。

相続財産は死亡時に存在するものだけではなく、生前に贈与されたものを含めて計算することがあります。


遺留分割合について

遺留分という権利を使って取り戻せる財産割合は、 本来の法定相続分の何分の1、という形で定められています。

相続人遺留分として取り戻せる割合
配偶者法定相続分の2分の1
子供法定相続分の2分の1
両親法定相続分の2分の1(法定相続人に配偶者がいなければ3分の1)
兄弟姉妹遺留分の権利なし

計算に含まれる贈与財産

遺留分を計算する際の相続財産は、 相続発生時の財産とは異なりますので、注意が必要です。

相続開始前1年間に被相続人が贈与した財産も、 相続財産に含めて計算されます。

さらに1年以上前の贈与であっても、 贈与当事者が遺留分権利者の利益を害することを知っていた場合にも、 その贈与財産は相続財産に含まれます。

それらの財産から、 相続発生時の負債を差し引いたものを基準に遺留分を計算します。


計算の具体例

相続財産が3000万円 相続人は配偶者と子供が2人の場合の遺留分

・配偶者の遺留分  3000万円×2分の1×2分の1=750万円

・子供一人の遺留分 1000万円×2分の1×2分の1×2分の1=375万円


相続財産が3000万円 相続人は配偶者と親が1人の場合の遺留分

・配偶者の遺留分  3000万円×2分の1×3分の2=999万円

・親の遺留分    3000万円×2分の1×3分の1=498万円


相続財産が3000万円 相続人は親が2人の場合の遺留分

・親1人の遺留分は  3000万円×2分の1×3分の1=498万円

スポンサードリンク

このページの先頭へ