遺留分とは何かについて

留分とは、遺言によって法定相続分を侵害された法定相続人が、 一定の割合で遺言を否定して法定相続分の一部を取り戻すことができる権利のことです。

法律では遺言によって自分の財産は、 自分の好きなように処分できると定めています。

だから例えば、 「遺言により自分の財産を愛人に全て与える」 とすることもできます。

しかし、それでは残された家族の生活が不安定なものになってしまいます。

そこで遺言でどのように財産が分配されようとも、 残された家族には遺言で他人の手に渡った財産を、 少しだけ取り戻せるような権利が認められています。

この権利のことを「遺留分」といいます。


遺留分権利者とは

遺留分を請求する権利が与えられているのは、以下の人です。

・配偶者

・直系卑属

・直系尊属

(注)代襲相続による相続人にも、遺留分の権利があります。

(注)兄弟姉妹には遺留分の権利はありません。


遺留分を請求できる割合

遺留分という権利を使って取り戻せる財産割合は、 本来の法定相続分の何分の1、という形で定められています。

相続人遺留分として取り戻せる割合
配偶者法定相続分の2分の1
子供法定相続分の2分の1
両親法定相続分の2分の1(法定相続人に配偶者がいなければ3分の1)
兄弟姉妹遺留分の権利なし

遺留分を算出する際の相続財産

遺留分を計算する際の相続財産は、 相続発生時の財産とは異なりますので、注意が必要です。

相続開始前1年間に被相続人が贈与した財産も、 相続財産に含めて計算されます。

さらに1年以上前の贈与であっても、 贈与当事者が遺留分権利者の利益を害することを知っていた場合にも、 その贈与財産は相続財産に含まれます。

それらの財産から、 相続発生時の負債を差し引いたものを基準に遺留分を計算します。

スポンサードリンク

このページの先頭へ