法定相続分とは何か

定相続分とは、法律で定められた相続の取り分のことをいいます。

民法で決められた法定分割という考え方があります。

法定分割とは、民法で「このように財産を分けるのが一番よい」と決めている分け方です。

法定分割で分けたそれぞれの法定相続人の取り分を法定相続分といいます。

相続というのは、必ず法定相続分で遺産の分割をしなければならないわけではありません。

相続人全員の合意があれば、分割割合は自由に決めてよいことになっています。

ただし法定相続分は、相続税額を求めるときや、相続人同士の話し合いで合意しない場合の法律上の目安となるので、きちんと理解しておいたほうがよいでしょう。


法定相続分の割合表

配偶者と子が相続人の場合

配偶者  ・・・ 2分の1

子    ・・・ 2分の1(全員で)

配偶者と親が相続人の場合

配偶者  ・・・ 3分の2

親    ・・・ 3分の1(全員で)

配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合

配偶者   ・・・ 4分の3

兄弟姉妹 ・・・ 4分の1(全員で)

兄弟姉妹の中に片方の親だけを同じくする兄弟(半血)がいる場合は、他の兄弟姉妹の法定相続分の1/2となります。

相続人に配偶者がいない場合

子のみ相続人・・・子全員で均等に分ける

親のみ相続人・・・親全員で均等に分ける

兄弟姉妹のみ相続人・・・兄弟姉妹全員で均等に分ける


相続放棄との関係

法定相続人が数人いる場合でも、相続放棄した者は、その相続に関してはじめから相続人とならなかったものとみなされます。

しかし相続放棄をしても、相続税の基礎控除を計算するときは、相続放棄をした人も人数に加えるものとされます。


養子である子供の法定相続分

子供がたとえ養子であっても、法定相続分は実子となんらかわりありません。

そして養子は、養子縁組をした親との関係における相続と、本当の親との関係における相続と、2つ分の相続をすることができます。

ただし特別養子縁組で養子となった人は、本当の親との関係における相続は発生しません。


非嫡出子の法定相続分

非嫡出子とは、両親は結婚していないが、父親が認知によってその子を「自分の子」と認めた場合の子供です。

そして非嫡出子の法定相続分は、両親が結婚していた子供(嫡出子)の半分とされています。

配偶者、嫡出子1人、非嫡出子1人がいた場合の法定相続分は

  • 配偶者→2分の1
  • 嫡出子→6分の2
  • 非嫡出子→6分の1

非嫡出子の法定相続分については不平等であるとして裁判で争われたりしていますが、いまのところこのような法定相続分のままです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ