相続放棄と話し合いで放棄することの違いについて

続人全員で話し合って、 ある相続人は何も受け取らないし、借金も払わない、 とすることはよくあります。

また家庭裁判所で相続放棄をして なにも受け取らない、借金も払わない、 いっさい関わらないとすることもできます。

この2つは似ているようで、実は大きな違いがあります。


話し合いで何ももらわないことの意味

相続人全員で話しあって、 相続財産の取り分を決めることを、 「遺産分割協議(いさんぶんかつきょうぎ)」 といいます。

そして遺産分割協議によって、 ある相続人はいっさい何も受け取らない、 とすることはよくあります。

そしてこの遺産分割協議は、 相続人の間だけで決められた「約束事」のようなものです。

したがって話し合いの結果は、 身内の間だけで有効なであり、 他人にはいっさい関係がないのです。

そのため 「亡くなったAの借金はBが払うことになっている。  そうやって話し合いで決まった。だから私は払わない」 と金融機関に言ってみたところで、 金融機関にとっては何の関係もありません。

金融機関の関係のないところで話し合いをされて、 一方的に借金を支払う人が変更されて、 その人に支払い能力がなかったら、 金融機関は大損をしてしまいます。

だから、遺産分割協議という身内の話し合いに、 他人にも通用する強い法律的な力は与えられていないのです。

そのため相続人同士の話し合いで、 何ももらわないことになったとしても、 相続手続きに関わっていく義務が残ります。


家庭裁判所で相続放棄のお墨付きをもらう

まったくの他人に対しても、 自分は相続放棄をしていることを主張したいのであれば、 家庭裁判所で相続放棄を認めてもらう必要があります。

家庭裁判所のお墨付きさえあれば、 遺産分割協議とは異なり、 どこの誰に対しても相続放棄を主張できるようになります。

もっとも亡くなった方に借金などなければ、 相続人同士の話し合いで 「何ももらわない」 として遺産分割協議書に署名して捺印すれば、 すべての相続手続きを問題なく終えることができます。

亡くなった方に借金が残っている場合のみ、 家庭裁判所での相続放棄をする、 と覚えておけば大丈夫です。

スポンサードリンク

このページの先頭へ