保険の相続について

険の相続では生命保険と、火災保険などの損害保険で対応が異なります。

死亡したらお金がもらえる生命保険というのは、みなし相続財産と言われます。

みなし相続財産とは、相続財産ではないので遺産分割協議の対象にする必要はありません。

しかし、みなし相続財産は相続税の申告だけはしてください、というものです。

生命保険でもらえるお金は、受取人に指定されている方がそのままもらえばよく、遺産分割協議で取り分を決める必要はありません。

ただ生命保険金を受け取った方は、相続税の申告はしなければなりません。

死亡したら遺族がもらえる「死亡退職金」も生命保険と同じで、みなし相続財産とされます。

したがって死亡退職金も遺産分割協議はしなくてよいのですが、相続税の申告だけは必要です。


火災保険や入院保険などは対象となる

火災保険は、解約返戻金などが発生する場合は相続財産となるため、遺産分割協議の対象となります。

ただし掛け捨てタイプの火災保険なら、戻ってくる資産はありませんので相続財産にはなりません。

掛け捨てタイプの火災保険の相続手続きは、火災保険料の支払者を変更するだけですから、手続きはとても簡単です。

解約返戻金のある火災保険の相続は、戸籍謄本や印鑑証明書などが必要になります。

けがや病気の時に本人が受け取るはずの入院保険などで給付金が発生した場合は、相続財産の対象となります。

この場合は、遺産分割協議をして誰が相続するか決める必要があります。


相続放棄をした場合の保険金

家庭裁判所に相続放棄の申請をすると、相続人ではなくなり相続財産を受け取れる権利を失います。

しかし相続放棄をしても、生命保険金だけは受け取れます。

なぜなら生命保険金は相続税がかかるだけの「みなし相続財産」であり、本当の相続財産ではないとされているからです。

生命保険金の受取人が特定の名前ではなく相続人となっていたとしても、相続放棄をした相続人は生命保険金を受け取れます。

これは裁判でも争われたことがありますが、相続放棄をしても生命保険金は受け取れるという判決が繰り返しだされたため、実務でも当然そのように扱われています。

スポンサードリンク

このページの先頭へ