遺産相続にかかる費用

産相続にかかる費用としては、 役所等に必ず支払わなければならない実費と、 専門家に手続きを依頼した場合の手数料というものがあります。

遺産相続の手続きは、基本的にすべて自分でできます。

ただし平日に手続きをしなければならないことが多いため、 時間がとれないという方は専門家に代行してもらうとよいでしょう。


役所等に必ず支払わなければならない実費

①不動産の名義書き換え(相続登記)

・登録免許税 → 相続の対象となる不動産の固定資産評価額の0.4%

1000万円の土地なら1000万円×0.4%=4万円

・登記事項証明書 → 不動産1件につき1000円

・戸籍謄本 →  1通450円 相続人の人数分が必要です。

・除籍謄本 →  1通750円 亡くなった人の戸籍

・住民票  →  1通100~300円

・印鑑登録証明書 → 1通100~300円

・固定資産税評価証明書 → 1通100~300円

②預金等の名義書換え

・戸籍謄本 →  1通450円 相続人の人数分が必要です。

・除籍謄本 →  1通750円 亡くなった人の戸籍

・住民票  →  1通100~300円

・印鑑登録証明書 → 1通100~300円

・固定資産税評価証明書 → 1通100~300円

戸籍や住民票は他の手続きで使ったものを返してもらって、 別の金融機関などで再利用することができます。

ただし印鑑証明書は、金融機関の数だけ必要になります。


専門家への手数料

弁護士、司法書士、行政書士、税理士など、 様々な専門家が相続手続きの代行をしており、 様々な料金体系があります。

料金のおおざっぱな目安としては

不動産の名義書換え代行・・・3万円から10万円

戸籍収集の代行    ・・・2万円から5万円

裁判手続きの代行   ・・・数十万円~

相続税申告の代行   ・・・数十万円~

遺産相続といっても簡単なものから、 相続人が何十人もいて大がかりであったり、 面識のない相続人がいて人間関係がとても複雑だったり、 裁判でもめてしまう場合など、 様々なケースがあります。

そしてそれぞれの遺産相続の事情によって、 専門家への手数料も大きく異なってきます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ