秘密証書遺言とはどのようなものか

密証書遺言とは、 遺言内容を誰にも知られることなく、公証役場に保管してもらう方法です。

公証役場で保管されているため、改ざんや紛失のおそれはありません。

ただし公証人が遺言内容を確認していないため、 遺言開封後に記載内容不備により無効となってしまう可能性があります。

また公証人が作成した文書ではないので、 亡くなったあとに家庭裁判所で検認手続をとる必要があります。

自筆証書遺言よりは安全ですが、公正証書遺言ほど万全ではありません。


秘密証書遺言の概要

・遺言内容を秘密にしつつ公証人の関与を経る方式。

・証人2名と手数料の用意が必要であるほか、証人の欠格事項も公正証書遺言と同様である。

・代筆やワープロ打ちも可能だが、遺言者の署名と押印は必要。

・代筆の場合、証人欠格者以外が代筆する必要がある。

・遺言者の氏名と住所を申述したのち、 公証人が証書提出日及び遺言者の申述内容を封紙に記載し、 遺言者及び証人と共に署名押印する。

・遺言書の入った封筒は遺言者に返却される。

・自筆証書遺言に比べ、偽造・変造のおそれがない。

・遺言書の保管者は相続の開始を知った後、 遅滞なくこれを家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければならない。


作成方法

①手書きでなくても良い

秘密証書遺言は遺言者の署名押印さえ自筆されされていれば、 あとの内容が手書きでなくても構いません。

印鑑も認め印で大丈夫です。

書く内容は、自筆証書遺言と同じです。

②封筒に入れて封をして、押印する

遺言書が完成したら、そのまま封筒に入れ、封をしてください。

そして遺言書に押印した印鑑で封に封印をしてください。

このときの印鑑が異なっていると、遺言が無効になってしまいます。

③証人2人と共に公証役場に持参

証人2人と共に公証役場に封をした遺言書を持参します。

公証人および証人2人の前でその遺言書を提示します。

そこで自分の遺言書である旨と氏名住所を申述します。

④遺言者と証人が署名押印

公証人が、その遺言書を提出した日付と遺言者の申述を封紙に記載します。

そして遺言者および証人2人がそれに署名押印したら、完成です。

※もし秘密証書遺言としての条件を備えていなかったとしても、 それが自筆証書遺言としての条件を満たしていれば、 有効な自筆証書として扱ってもらえます。


証人になれる人

証人は遺言内容を知ることができるので、 信頼のおける人物であることはもちろんですが、 以下に該当する人は証人となることはできません。

①未婚の未成年者

②相続人となる人

③受遺者およびその配偶者ならびに直系血族

④その秘密証書遺言の作成を担当する公証人の配偶者、4親等内の親族

⑤公証役場の関係者

証人に相応しい人がいない場合は、弁護士等の法律家に依頼することもできます。

秘密証書遺言の作成費用

秘密証書遺言を作成する際の公証人の費用は、一律で11,000円です。

スポンサードリンク

このページの先頭へ