同族会社の相続とは

族会社とは、株式を公開していない会社のことをいいます。

なぜ同族と言うのかというと、会社の株主が同じ親族などの血縁者ばかりだからです。

たとえば株主は「父」「母」「長男」「次男」「伯父」「叔父」というような場合です。

また会社の代表取締役に「父」「伯父」がなっており、「長男」「叔父」が取締役、「母」が監査役だったりします。

このように同族会社は、株主も役員も一族で支配している、というのが一般的です。

そしてこのような同族会社は、遺産相続が発生すると大変なことになる可能性があります。


株の相続であるということ

同族会社の相続だからといって、代表取締役の地位を相続することはできません。

代表取締役の地位とは、死亡の瞬間に消滅するからです。

会社というのは、役員が何人死んでも、同じ会社であり続けます。

役員の地位の相続ということは、ありえないのです。

同族会社の相続とは、会社を構成する「株」の相続です。

会社というのは「株」でできており、「株」というのは資産価値がありますから、相続するものは「株」なのです。


お金に変えられない

同族会社の株は資産価値がありますので、相続税の対象となります。

しかし株に資産価値があるといっても、同族会社の株を買ってくれる第三者というのは誰もいません。

株主として会社の経営に意見は言えますし、株主の地位を利用して取締役になることはできます。

しかしそれでも、同族会社の株を買ってくれる第三者はだれもいないのです。

そのため、1円も換金できない株を相続したのに相続税を支払わなければなることがあります

もしこのようになったとき、手持ち現金をあまり持っていないと、相続税滞納ということになってしまいます。

そのため同族会社の相続では、生前のうちから相続税対策が必要になるのです。


相続税対策について

同族会社の相続税対策には様々な方法があります。

詳しくは相続税のところで記載しますので、ここでは一般的な方法を列挙しておきます。

  • 相続人は前もって相続税用の現金確保につとめる
  • 会社の評価を下げて会社の株の価値を下げる
  • 株を他の親族に少しずつ移転しておく

相続税は基本的に現金で支払わらなければいけませんので、相続税の納税予定者は日ごろから現金の確保につとめましょう。

そして会社の評価を下げれば株の価値も下がりますから、相続税の負担を減らすことができます。

会社の評価を下げる方法は、会社の利益を減らしておくことです。

たとえば退職金という形で同族の方に会社の資産を移転すれば、会社の利益を減らすことができます。

退職金をもらった方については個人資産となりますので、個人資産の相続となりますから相続税の支払いが容易になります。

株を他の親族に移転しておくことで、自分の株の持ち分を減らせば相続税を減らすことができます。

株の移転には、贈与の非課税枠などを利用するとよいでしょう。

株の移転する際には、株主名簿をきちんと整備しておきましょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ