電話加入権の相続について

話加入権の相続は、NTTに連絡をして行います。

最近は電話加入権がなくても電話が引けるようになりましたので、電話加入権の価値はほとんどなくなりました。

それでも電話加入権があって電話を引いている方は、加入権のない方よりも基本料金が安くなります。

そのため電話加入権を相続で名義書き換えしたほうが、電話料金としてはお得になります。


必要な書類

電話加入権の相続には、次の書類が必要になります。

  • 相続による解約または名義書き換え依頼書
  • 死亡がわかる戸籍謄本
  • 相続人の戸籍謄本

一般的な相続のように、遺産分割協議書や印鑑証明書は必要ありません。

NTTにこれらの書類を届け出するだけで、相続による名義書き換えはできます。


電話加入権の相続財産としての価値

現在の電話加入権は、昔と違って資産価値はほとんどないとされています。

そのため、電話加入権が遺産分割協議によって話し合われることはほとんどなくなりました。

相続税の申告にあたっては、電話加入権は申告する相続財産とされています。

スポンサードリンク

このページの先頭へ