クレジットカードの相続手続きについて

レジットカードの相続では、カードそのものは解約処分となります。

クレジットカードの所有者が死亡した場合、同じカードを相続人が引き継ぐことはできません。

クレジットカードの所有者が死亡した場合、カードそのもは廃棄処分され使用できなくなります。

そのためクレジットカードの所有者死亡ときは、クレジットカード会社に死亡したことを連絡しましょう。

すると、クレジットカードを廃棄処分するための書類を送付してくれます。


クレジットカードの未払い分はどうなるのか

クレジットカードというのは、使用した翌月以降に引き落としがされます。

そのためクレジットカードの所有者が死亡してしまうと、クレジットカードの引き落としはできなくなります。

そこでこのような場合は、相続人に対して未払い分の費用が請求されることになります。

この請求に対する支払い義務は、相続人全員が背負うことになります。

自分は何も相続していないので関係ないと言っても、クレジットカード未払い分は相続によって支払義務がありますので、注意してください。


クレジットカードの未払い分を支払わない方法

クレジットカードなどの借金を相続しなくてよくなる唯一の方法として「相続放棄」というものがあります。

相続放棄とは、相続から3か月以内に家庭裁判所へ申請することによって、初めて認められます。

相続放棄というのは、家庭裁判所へ申請をしていないと何ら効果はありません。

いくら相続人同士で「相続放棄をした」と言っていても、家庭裁判所へ申請をしていなければ、相続放棄をしたことにはならないのです。

家庭裁判所に相続放棄の申請をすれば、相続放棄申述受理証明書というものを発行してもらえます。

この相続放棄申述受理証明書さえあれば、どんな相続の借金を請求されようとも、すべてはね返すことができます。

すべてのカード会社は、相続放棄申述受理証明書を送付すれば、相続人への請求を止めてくれます。

相続放棄の申請は、相続発生から3か月という短い期間内にしなければならいため、3か月を過ぎないように注意しなければなりません。

スポンサードリンク

このページの先頭へ