遺産分割協議書の書式と書き方について

産分割協議書に、法律で定められた書式というものはありません。

どのように書いても、法律的にはまったく自由です。

ただ遺産分割協議書は銀行や法務局に提出することが多いため、提出先がきちんとわかるような書き方をしておく必要があります。


遺産分割協議書の記入用ワードファイル(テンプレート)はこちら


上記のワードファイル(テンプレート)は無料でダウンロードできますので、ご自由にお使いください。


一般的な遺産分割協議書のサンプル

誰でもわかる相続ガイド
誰でもわかる相続ガイド

遺産分割協議書の作成ポイント

遺産分割協議書の形式や書式に特に決まったルールはありません。

縦書きでも横書きでもどちらでもよく、もちろんワープロで印字しても構いません。

ただし、トラブル防止のため、相続人の住所と氏名は、手書きのほうがよいでしょう。

土地や建物などの不動産は、登記事項証明書(登記簿謄本)に記載されているとおりに、正確に記載しましょう。

少しでも間違っていると、法務局で名義変更の手続きが受け付けられない可能性もあります。

預貯金、車、株式等の遺産や債務はもれなく記載しましょう。

できるだけ財産を特定できるように正確に記載します。

代償分割(ある相続人が遺産を取得する代わりに別の相続人に金銭を支払う)の場合、代償金額と支払期限を明確にしておきましょう。

相続人全員の署名と実印の押印が必要です。遺産分割協議書は1通だけ作成しても構いませんが、相続人同士平等に保管しておくため、相続人の数だけ同じものを作成しておいたほうがよいでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ