バイク、原付の相続による名義変更について

イクや原付の相続による名義変更では、遺産分割協議書や戸籍謄本などはいっさい必要ありません。

バイクを相続で名義変更する場合は、個人売買による名義変更となんら変わりありません。

わかりやすくいえば、バイクの相続による名義変更、という手続きは存在しないということです。

また原付は、相続に限らず個人売買においても、いきなり名義変更という方法はありません。

相続でも売買でも原付を手放す場合は、いったん必ず廃車にしなければなりません。


名義変更の方法

バイクの相続による名義変更には、以下の書類が必要になります。

  • 自動車検査証(車検証)
  • 軽自動車税申告書
  • OCR第3号用紙
  • 手数料納付書
  • 認印
  • ナンバープレート

バイクの相続による名義変更には、戸籍謄本も印鑑証明書も遺産分割協議書も不要です。

極端に言えば、認印さえあれ相続による名義変更はできてしまいます。

バイクを相続せずに手放したい場合は、バイク買取業者に持ち込めば、認印だけですぐに引き取ってくれます。

他の相続人等の了解はいっさい必要ありません。


原付の相続による名義変更について

原付の所有者が死亡した場合、原付はいったん廃車にしなければなりません。

そして廃車したうえで、新所有者が原付の名義を取得します。

相続による原付の廃車に必要な書類は以下の通りです。

  • ナンバープレート
  • 標識交付証明書
  • 印鑑(認印)
  • 廃車申告書

これらの書類を市区町村役場に提出すれば、相続による原付の廃車ができます。

相続した原付をたんに処分したいということであれば、バイク買取業者へ持ち込めば、認印だけですぐに引き取ってくれます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ